Menu

ダウンタイムについて

17年06月21日

ダウンタイムとは、美容外科施術の専門用語の1つで、美容施術をしてから、患者さんが通常の生活ができるまでの期間のことです。どの程度の期間になるかは、美容外科施術の内容によって違いがあります。この期間は、日々の生活のある部分で行動に制約があるのが特徴的です。

この期間は、何かと不満が積もることになりますが、この期間を我慢さえすれば、過去の自分より明るく変貌した姿で、ここから先の人生をエンジョイすることが可能です。簡単に言うと、このダウンタイムの期間は、美容外科施術の最後のつらい時期といえます。この期間は、患者さんからみて大切で頑張りどころでしょう。

ボディジェット脂肪吸引にも、施術後、ダウンタイムがあります。この施術のケースは、施術後3カ月位が平均的なダウンタイムです。その状態によって、いくらかの時期にわかれています。施術後1~2日は、吸水性のあるシートで患部を覆います。また、体のむくみを良くする装着品や薬を服用した生活です。施術後3日目あたりでシートを外せるようになり、シャワーも可能です。その後はガードルを身に着けて、1カ月ほど経過すればガードルも外せます。徐々に日々の生活に戻していくことが可能です。

未分類

痛みの少ない脂肪吸引

17年06月20日

ボディジェット脂肪吸引は、いろいろな良い点があります。従来の方法と比べ最も改善されたのは、痛みが少ないということです。どのような施術でも、患者さんに痛みはあるはずですが、さまざまな工夫とアイデアによって、痛みを和らげることが可能になりました。この施術では、アイデアをいくつも修得したことで、患者さんの痛みを和らげて期待に応えています。痛みが少ないだけではなく、これまでより治る時間が早く、煩わしさが少ないのも特徴です。また、脂肪を均一に吸引し、体の線をきめ細かくすることができ、すべすべとしたきれいな出来ばえとなります。

この施術の痛みを和らげる秘訣は、施術のやり方それ自体にあります。この施術は、強い水流で脂肪組織を分断させてから吸引する方法ですが、この方法自体が施術の痛みを和らげることになります。具体的には、この水流による脂肪組織の分断をすることで、筋肉などの他の組織のダメージを最低限度に抑えています。この周りの組織への負担を軽くする施術、それこそが、この施術の痛みを和らげる理由と言えます。患者さんの体質や施術をする医師によっては、多少は痛みに差が生じますが、痛みは強くないことから心配はないでしょう。

未分類

脂肪吸引の有効性

17年06月19日

ボディジェット脂肪吸引は、脂肪組織を吸引し減量することができます。強く吸引することはないため、筋肉、神経などの組織を損傷させることはほとんどありません。カニューレを差し入れたときには、先端からジェット水流が吹きつけられ、固くなった脂肪組織を柔らかくして吸引するので、施術は短時間で終了します。また、ジェット水流を吹きつける際には止血剤を使い、施術後に多量の出血するようなこともありません。

施術後に数日間は入浴ができません。そのため、ボディジェットを受ける前に注意することは、入浴をして体を清潔にしておくことです。美容外科の事前カウンセリングで、どういう体型に変えたいかを医師に相談し、アフターケアについての情報や、施術後にどういうところに注意すべきかを確認することができます。

また、施術後3日位は安静が必要です。体の調子が安定すれば、美容外科で診察を受けることは欠かせません。定期的な診察で、体の様子を診てもらい、抜糸をします。その後、隔週で医師に診てもらい、体に異常はないかどうかを判断してもらいます。脂肪吸引によって、必然的にある程度の期間は筋肉が強ばるので、医師の指示を守ってマッサージをすることも必要です。

未分類

美容外科の脂肪吸引

17年06月18日

当サイトでは、美容外科での脂肪吸引施術に関する内容、ボディジェットについて紹介しています。ボディジェットとは、水を吹きつける力で脂肪組織を打ち砕きながら、併せて脂肪吸引をする治療です。極めて小さい穴の開いたカニューレを、脂肪の取りたい部分に差し入れて、カニューレの先端から脂肪を溶かす液のジェット水流を脂肪組織にあてます。それから、水流の力で筋肉層と脂肪層の間に切れ目を作ります。麻酔液で、脂肪組織の固まりをきめ細かに打ち砕いて吸い寄せやすい状態にし、吸入を併せておこないます。

これまでの脂肪吸引は、筋肉、血管といった周りの組織を傷めたり、施術してから回復するまでの時間がかかってしまうという弱点がありました。しかし、ボディジェットは、水を吹きつける力で筋肉層と脂肪層の間に切れ目を作るため、脂肪組織を打ち砕いて分断することにより、別の組織への影響は小さいといわれています。また、カニューレで水の吹きつけと吸入を併せておこない脂肪を取り除くので、これまでの脂肪吸引よりカニューレを強く操作することはありません。それにより、施術中の痛みは今までより少なく、加えて7割位の脂肪を取り除くことが可能とされています。

さらに、これまでの脂肪吸引では、強烈な吸引により、吸引のさじ加減にバラつきができ、皮膚がちぐはぐな感じになることが欠点でした。しかし、ボディジェットは、周りの組織の損傷を抑えた吸引力でも脂肪吸引ができるので、吸引のさじ加減によるバラつきを食い止めることが可能です。

未分類